寝るのが怖い!!その原因とは?

寝るのが怖い!そんな時はどうするの?

寝るのが怖い・・・

 

昨日から突然寝るのが怖くなってしまいました。

 

 

 

そんな経験ありませんか?

 

布団に入ると落ち着かない。

 

眠りに落ちるのが不安。

 

そんな、眠るのが怖い原因を探ります!

眠るのが怖い原因は?

眠れない、寝つきが悪い原因は、
いくつかあります。

 

自律神経の乱れ

 

自律神経のバランスの乱れにより
眠りが浅くなっている可能性があります。

 

自律神経の乱れは、ストレスや不規則な生活、
疲れ、季節の変わり目の急激な温度変化などで起こります。

 

この、自律神経が乱れると、寝つきが悪くなったり、寝ている途中で目が覚めてしまったり、眠りが浅いので、睡眠不足となり、目覚めの辛さや、日中の眠気を起こします。

 

 

予期不安

 

「今日も眠れないんじゃないか・・・」、と思ってしまっていませんか?
眠るのが怖いという状態を予期不安といいます。

 

これは、まだ起きていないことを色々考えてしまって、不安になる心理状態。

 

不安が増大すると、全身が緊張したり、血圧、血糖値、心拍数が増大し
眠理にくい状態になってしまいます。

 

 

 

眠るのが怖いという症状は、眠りに対して意識しすぎることで発症します。

 

誰にも、寝付きにくい日があります。
そこに意識が集中してしまい、不安が増大してしまう。

 

その結果、不眠となる事が多いようです。

 

眠るのが怖い時の対策方法

 

眠るのが怖い時の対策としては、

 

就寝前にホットミルクを飲むなんてのもいいです。

 

また、日中ウォーキングなど軽く体を動かすことで、寝る頃には体温も下がり、
ぐっすり熟睡できることが分かってます。

 

そのほか快眠サプリメントや栄養素として、トリプトファンやカルシウムが含まれる牛乳、
納豆、バナナなどを食べるのもオススメです。

 

 

サプリメントはマインドガードDXがオススメ!

 

 

トリプトファンは、睡眠を促すセロトニンやメラトニンという
睡眠に欠かせない成分の促進を促してくれます。

 

 

眠れないことに意識を集中せず、ストレスを発散させることが近道のようですね!!