夜中何度も目が覚める 原因

夜中何度も目が覚める原因を探そう

いくら寝ても眠い原因の一つに、夜中に何度も起きてしまう
ということがあります

 

目が覚めてもすぐまた眠れるならいいですが、寝つきが悪い場合
眠れるまでに時間がかかってしまい、朝ものすごく疲れながら起きてしまうんです

 

 

 

人は、眠りに入っていると、浅い眠りと深い眠りを交互に移っていき
ますが、このリズムが狂い、夜中に何度も目が覚めてしまう方がいます。

 

では、この夜中に起きてしまう原因ってなんなんでしょう?

 

 

一つには、自律神経の乱れがあります

 

交感神経と副交感神経と呼ばれる神経があり、バランスを取って
調整しているのですが、ストレスや環境の変化ですぐに乱れてしまうんです。

 

 

この、交感神経が反応すると興奮を誘います。
そのため、神経がイライラしてしまうので、不眠につながるわけです。

 

逆に副交感神経が反応すると、リラックスするので眠たくなります

 

じゃあどうすれば、交感神経を抑えられるんでしょうか?

 

交感神経を抑える方法

自律神経は非常にストレスの影響を受けやすいんです。

 

この自律神経の乱れを改善するには、食事や運動も効果的です。

 

ミネラルをたくさん含んだ食事をしっかり取り、適度な運動を心がけましょう。
運動は寝る前にすると、交感神経を高ぶらせるので気を付けてください。

 

そして寝る1時間前前の入浴も非常に大事

 

体をリラックスさせ、ストレスを解消することが大事なんですね。

 

 

他にも

  • カフェイン、唐辛子、ニンニクなどの刺激物のとりすぎ
  • 冷え性

 

 

なども、夜中に目が覚めてしまう原因になります。

 

 

不眠症になる前に早めに規則正しい生活をして対策しましょう!

 

 

PR
マインドガード